確実に効果があるダイエットのたった一つの真実

ダイエット

 

コンブチャを飲んでるだけで痩せられると思いますか?

 

答はノーなんです。
流行の糖質制限にしても、それだけで痩せられる人、一定期間効果はあるけどすぐ体重変化が横這いになる人が多いです。

 

一方で着実に効果が出てる人がいらっしゃいます。
一体何が違うのでしょうか。

 

コンブチャにダイエット効果はあるの?

コンブチャだけの成分は、耐塩性酵母と酢酸菌が主なものです。

 

チョー簡単に言っちゃうと、醤油と酢を作る酵母と菌の一種です。

 

醤油と酢を飲んで痩せるっていう話はさすがに聞いたことがないと思います。

 

実際にコンブチャに醤油は含まれていませんよ。醤油は大豆が原料ですから。

 

配合されているものに驚くべき効果の成分

漢方薬

 

コンブチャには、東洋の神秘、漢方薬の生薬的な効果が期待されているところがあったのですが、実際の効果はこちらです。

コンブチャのスゴイところ

 

それに加えて素晴らしいものが今販売されている製品に配合されています。

 

燃焼系酵母菌は糖質がエサ

パン酵母菌

パン酵母菌は小麦や米などの炭水化物を栄養分として分解し、炭酸ガスや有機酸に変えて生地を膨らませます。

 

その過程で炭水化物を消化しちゃうんですね。

 

解毒・抗酸化作用のある酵母

トルラ酵母

トルラ酵母に多く含まれているグルタチオンは、解毒作用、活性酸素除去作用があるといわれています。

 

天然酵素が体を活性化

天然酵素

酵素飲料が流行しています。

 

人は消化酵素だけじゃなくて、体が働くためにはいろんな酵素が必要です。
ところが年齢とともに体内の酵素が徐々に少なくなってしまうんです。

 

減った酵素を外から補って体を活性化する事が重要です。

 

トータルでカロリーの支出が多いと必ず体重は減る

ダイエットの話は実は単純なんです。

取り込むエネルギーより使うエネルギーが増えるとエネルギーの支出がオーバーして脂肪という貯金が減っていきます。

 

取り込むエネルギーと食べるエネルギーは必ずしも比例しません。
もし比例するならギャル曽根さんは巨漢でなければなりませんが、実際はスマートな方です。

 

脂肪が減る要素

今からあげる項目は脂肪を減らす条件です。
逆の事をすると脂肪を増やす事になります。
どれか一つを集中的に頑張ってみても、他の項目で逆の事をしていると全く効果がない事があります。

 

筋肉を増やす

筋肉は、使っていない時でもあればあるほどエネルギーを消費します。
筋トレで筋肉を鍛えるほど脂肪が減りやすくなります。

 

ただし、脂肪より筋肉の方が重いので、筋トレで筋肉が増えると一時的に体重は増えるかもしれません。

糖質摂取を減らす

中性脂肪を増やすのは、脂肪を摂取するよりも炭水化物を食べた方が増えます。
糖分や炭水化物が消化されてできた糖分は速やかに血液中に入ります。
糖分が血液中で増えると血糖値が上昇するのでインスリンが分泌されます。
インスリンは血糖値を下げるために糖分を脂肪に変換します。

有酸素運動をする

運動を始めてから最初の20分間は糖質をエネルギーとして使い、それ以降は脂肪をエネルギーとして使うと言われています。
実は糖質を全く摂っていない状態ですと、運動を始めたらすぐに脂肪の燃焼が始まります。

 

有酸素運動をすることは全身へ新鮮な酸素を運び、体温を上げ、ストレスを発散するなど良い事づくめなんです。

 

活動量を増やす

有酸素運動とまでいかなくても、歩いたり体を動かしたりすることもエネルギーの燃焼になります。

 

体温を上げる

筋肉をある程度使うとしばらくの間活性化して体温が上がります。
運動準備状態とでもいいますか。

 

体を動かさない生活をしていると冷え性になってしまいがちですが、ある程度以上運動をした後は、1日程度体温が高い状態が維持されるようです。

 

内臓を活性化する

エネルギーの循環や老廃物の排出で関係が深いのは肝臓と腎臓です。
逆にこれらに負担をかけるのは飲酒や寝不足、過労、脱水などです。

 

適度な睡眠をとる

睡眠は生きる上で必要なホルモンを産生し、脳や内臓の疲労を回復する重要な活動です。

 

睡眠不足では十分な活動ができなくなります。

 

 

トータルで脂肪を減らす生活をする事が重要なのです。